純金の積立について

純金の積立の事を調べるよ

ホワイトゴールドも金買取りでは買い取り可、プラチナもできる

金買取りではいろいろな種類の金属を買い取っており、金はもちろん銀やそれ以外の様々な貴金属を買い取っています。 ここで持ち込まれるジュエリーとして多いのが、ホワイトゴールドとプラチナです。 パッと見たところ同じ銀色の金属となり、見分けがつかないという人もいます。ですが、金買取りではそれぞれ買取金額は全く違うこともありますが、この2つの金属の違いは一体何なのでしょうか。

まず、ホワイトゴールドは天然には存在しない、合金と呼ばれる種類の金属です。 これは金をベースにそれ以外の白っぽい金属を溶かして合わせたものです。 輝きは薄い金色で、実はあまり本当の白銀という色ではありません。 このため大体の場合はジュエリーとしての用途であり、おおむねロジウムメッキ加工などがなされています。こうすることでよりきれいな輝きとなるのです。

とはいえ、そのままの輝きを綺麗に思う人もいて、メッキ加工をしない少し黄色の入った銀色の輝きをそのまま商品としているところもあります。 ちなみにメッキの有無は金買取りの金額にはそこまで影響することはありません。

一方プラチナは純粋に白く銀色に輝くもので、投資のためやジュエリーとしての用途もありますが、資産としての用途などもあります。 地金そのものが天然で存在するため、ジュエリーとしての転用も多く、また金よりも価格が高いことが多いため、様々な記念品としても使われます。 また、このようなジュエリーとしての用途の場合は大体の場合は合金となりますが、この場合は同じ白く輝く金属で固く単価が安いものを使い、より固く変形しない金属となり、宝石などをセッティングしても地金も美しく宝石の美しさを引き立ててくれるとても美しいジュエリーとなるのです。

ちなみに刻印を見れば一発でわかります。 ホワイトゴールドの場合はK18WGとなっていますが、プラチナはPtとなっており、それぞれジュエリーとしての質が違います。 また、金買取りでの買取金額も違います。ホワイトゴールドは合金なので、純金の四分の三の価格しかつかないのが主流です。 これは他のジュエリー用の合金であるイエローゴールドやホワイトゴールドなども当てはまります。

もし金買取りに出す前に気になるのであれば、お試しで査定してもらうのも方法となっています。 金買取店に持ち込むと、説明をしてくれますしいろいろなことを教えてくれるお店もあります。ぜひ行ってみるといいでしょう。

Copyright(C)2015 純金の積立について All Rights Reserved.