純金の積立について

純金の積立の事を調べるよ

有事の時の金!金買取で金を持てば、資産のリスクヘッジになる!

いつ、何が起こるかわからない世の中で、リスクを想定して予防・対策を事前に用意しておくことは大切なことです。例えばハイパーインフレが起これば、1万円札でもパンを買えるどうかわからなくなります。自分の資産がお金だけだと、たとえ金持ちでもお金に困る生活を強いられかねません。

しかし、ハイパーインフレが起こったとしても、あらかじめインフレに強い資産を購入していればどうでしょうか。例えば金です。金にも価値の変動はありますが、お金のように大きく変動するものではありません。紙幣は政府の保証がなければ只の紙くずですが、金はそのものに価値があるのでインフレの影響をあまり受けません。ですから、金買取で金を購入しておけばインフレ対策となりうるわけです。つまりハイパーインフレが起きても資産のリスクヘッジに成功するというわけです。

他にはどんなリスクが存在するのでしょうか。例えば、資産のある人にとって非常に怖いのは戦争や革命と言った有事です。このような有事が起こると経済の状況が一変します。いままでは政府が紙にすぎない紙幣に価値を与えて保証していました。 戦争や革命が起こるとどうなるのでしょうか。新しい政府は紙幣の価値の保証をしてくれるでしょうか。保証してくれても不安定な政府では信用がないのでお金の価値が下がっても不思議はありません。もちろん、有価証券も無価値になりえます。

そこで、有事の時の金です。お金の価値が下がる前に金買取で金を購入しておけば、買った分だけ資産を守ることが出来ます。ハイパーインフレの時と同じで、有事でお金が価値を無くしても金の価値が下がることはありません。

有事の時の金といっても、有事が起きてから金を買っても遅いです。有事が起こる直前から世の中に不安が広がっている可能性があります。すると、これまで通り紙幣の価値が守られるか不安になるものです。すると皆が金買取りを始めるので金の価値が高騰し始めます。

ですから、普段から金を買っておくほうが無難です。みんなが一斉に大量の金を購入すると相場に影響を及ぼしかねないので、金買取は純金積立を利用するのも手でしょう。純金積立は毎月、金を少しずつ購入します。すると購入時期が分散されるので相場の変動するリスクが下がるのです。ドルコスト平均法ですね。

いま世界的なインフレーションが起こっていますが、日本も例外ではありませんね。そんななか、金への投資をする人が増えて相場が上がり続けています。守りの資産ともいわれる金ですが、お金に余裕があるなら金買取にチャレンジして、資産のリスクヘッジを行うのもこの時代なら良い手だといえます。

Copyright(C)2015 純金の積立について All Rights Reserved.