純金の積立について

純金の積立の事を調べるよ

金買取とドルコスト平均法を組み合わせは将来の資産形成に最適

資産の種類は様々です。現金預金や株式投資と違い、金を資産として運用することはまだまだ一般的とは言えません。その理由は「よく分からないから」、「不安だから」ということが挙げられます。しかし、金の取引方法や価格が変動する仕組み、金資産を現金に換える金買取において高値がつく理由、金買取が活発になる時期などを知っておけば、実際に金を運用し将来の資産形成に役立てるということが現実的に考えられるのです。

金を資産として運用する場合、最終的には現金に換える必要があります。そこで活用するのが金買取ですが、相場に合わせて買取価格の変動があり、購入金額よりも高値で売却できる保証はありません。そのため、金の購入金額を安く押さえるテクニックが必要になります。

そのテクニックの一つが「ドルコスト平均法」です。株式や投資信託といった資産を購入する際、決まった金額分を一括で購入するのが通常の購入方法ですが、ドルコスト平均法は購入金額を分割することで一定の期間継続的に同じ金額を買い続けるという手法です。

例えば、現在の金価格が1グラム5000円だとします。購入予算が100万円の場合、200グラムの金を購入し、資産として所有することが出来ます。しかし、金価格は常に上下動しているので、1グラム5000円という価格が永遠に続くわけではありません。1ヶ月後には1グラム4500円、2ヶ月後には4000円になっているかもしれません。

そういった場合に、ドルコスト平均法を使って100万円を3分割し、3ヶ月かけて継続的に購入すると、1ヶ月めには66グラム、2ヶ月めには73グラム、3ヶ月めには82グラムを購入でき、合計221グラムの金を所有することが出来るのです。これは金価格が下がった場合の例ですが、金の価格変動幅は他の金融商品に比べて大きいため、こういったことも十分あり得ます。

金の価格は常に変動しています。毎日のように価格が上下するなかで、最適な買い時を判断するのは困難です。ドルコスト平均法を使えば、金価格が高い時期に予定金額の全てを使って購入してしまい、金買取で赤字になるということが避けられる可能性が高まります。

資産運用の基本は「安く買って高く売る」です。価格の変動が大きい金資産を安く購入するためには、ドルコスト平均法が非常に効果的です。安く買っておいて、資産価値が高まったときに金買取に出すという計画を立てておくことで、将来の資産形成の一翼を担うことが出来るのです。

Copyright(C)2015 純金の積立について All Rights Reserved.