純金の積立について

純金の積立の事を調べるよ

金買取をする人は特定保管と消費寄託を知っておこう

金買取をする上で、特定保管と消費寄託の2つは必ず知っておいたほうがいいことです。金買取をしてもらう人の中には自分の金を積み立てておいてくれる会社に置いてもらってる場合もあります。この2つはその積立会社によって違います。特定保管というのは純金積立会社の資産とお客の純金を完全に区別して保管するというものです。

ですから、もしその会社が倒産したとしても自分の金はしっかりと戻ってきます。そして消費寄託とは受託した純金積立会社に金地金の所有権が移されてしまうので、お客は返還を請求できる権利である債権を持つのみというものです。つまり預けた金の所有権はこの会社にあるとされ、自分のものが全て戻ってくるという保証がないのです。せっかく預けたというのにこれは辛いものがあります。いずれ金買取してもらおうと考えているのなら、どちらの方法の会社で預けておくのか考えておくほうがいいでしょう。

金買取は売る時期によって金の価値が違いますので、金買取してもらうタイミングは見計らわなければいけません。そのために売る時期がくるまでは積立会社に預けておくのも良い方法ではあるのです。国内の金の積立会社のほとんどは消費寄託になっています。このように特定保管ではない方法で積立をしている会社が多いのは、その資産を運用するためです。

特定保管の場合は確かに自分が預けている分の金はなくなってしまうことはありませんが、代わりに運用されることもありません。預けてあるだけで利益が増えていきますので、その利益の一部がお客にも還元され、新たに購入したいと考えた時に購入手数料などが安くなるというわけです。要するに会社が倒産しなければ利益が出るのでお客にとってはプラスになるということです。

ですから大手で安定した経営をしている会社に預けるのであれば、保管方法についてはそれほど気にしなくても問題はないでしょう。また経営が危うくなったとしても完全に倒産してしまう前に他社に譲渡されることが多いので、実際にはどのような保管方法でも最悪の事態に陥るということはほとんどありません。

預けてある金は厳重な警備の元で金庫などに入れられて保管されていますので、盗難にあうなどの心配がありません。安全性については保証されています。万が一の場合に備えて盗難保険もありますので、そういう意味では問題はありません。ですから積立会社を選ぶ時には購入手数料や年会費などを比較して選ぶのが良いです。

Copyright(C)2015 純金の積立について All Rights Reserved.